中絶手術は手術内容や費用だけではなく術後のアフターケアも重要です

手術の方法

看護師

やむを得ない理由で中絶を決意したら、次は中絶手術の内容について把握する必要があります。中絶手術には大きく分けて妊娠して11週6日までの初期妊娠と、妊娠初期以降の中期妊娠とあります。そして中絶手術が可能なのは妊娠から21週6日までとなっています。また妊娠の進み具合によって手術の内容に変更が出る可能性もあります。初期妊娠の場合は日帰り手術のケースがほとんどです。東京の産婦人科では手術の過程は様々ですが、同意書などの書類をまとめた上で採血など手術を行なうための検診を行います。中絶方法には、吸引器で赤ちゃんを吸い取る吸引法と、器具を使って直接赤ちゃんをかきだす掻爬法の2種類があります。手術費も保険適応外の自由診療となりますので、術費や検査費を含めて20万円ほどの費用が必要となります。中期妊娠の場合は初期妊娠で行なう中絶手術が出来ませんので、出産の分娩のような入院を必要とする手術を行なう必要があります。中期妊娠の中絶手術は強制的に陣痛を起こし出産時と同様の手順をとる必要があるため痛みを伴う大変な手術になってしまいます。また東京の病院や妊娠の成長速度によって、麻酔を使用する手術を行なっているケースもあるようです。術費も事前検査と手術費の他に、入院費などの諸費用が発生してしまうので、初期妊娠よりも多くの費用がかかってしまいます。20万から50万ほどと、東京の病院の規模や手術内容により費用に変動があるので、あらかじめ確認しておく必要があります。迅速かつ正確な判断が求められる中絶手術です。東京都内の病院も妊娠過程や手術の方法など、自分にあった病院を選びましょう。